--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.31
Sun
高齢者住宅を被災地で優先整備
2011年 07月 30日

国土交通省は今年度から始まったサービス付高齢者向け住宅の整備を東日本震災地で優先的に整備をする方針を出しました。前から提言していた通りですが、その整備については是非、条件の緩和をお願い致します。用途に合わせて、自立系、介護系、医療系とそれぞれ多様化している高齢者のニーズに合せた弾力的な運営を、当地域で是非試験的に取り組みをお願いしたいと思います。そして、それは全国のモデルになるようなものを希望します。

…………………………………………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国土交通省は30日までに、本年度から創設したサービス付き高齢者向け住宅の整備事業を東日本大震災の被災地で優先的に実施する方針を決めた。震災では津波などで住宅を失った高齢者も多く、一般の公営住宅の整備と併せ、お年寄りが安心して暮らせる住宅の供給を促進する。本年度当初予算の関連事業費は約300億円で、全国で約3万戸が整備される予定。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。